契約前の注意点

必要な時にお金を借りる方法として、金融機関の融資制度があります。
金融機関では様々な融資サービスを提供していますので、自分に合った融資を選ぶ必要があります。
この金融機関が提供している融資の中に、不動産担保ローンがあります。
不動産担保ローンを利用する時は、リスクやデメリットなどをしっかり理解してください。

返済計画

最近は低金利時代が続いていますので、ローンの金利も低いものが多いです。
不動産担保ローンもまた同じで、低金利で高額融資を期待できるローンとして人気があります。
不動産担保ローンは、融資を受けた後にきちんと返済できれば特に問題ありません。
しかし一度支払いにつまずくと、担保として金融機関に提供した不動産を売却されることもありますので注意してください。
担保として提供した不動産を金融機関に渡したくないのであれば、きちんと返済することが大切です。
途中で支払い不能に陥らないように、しっかり返済計画を立ててください。

繰り上げ返済時の注意点

不動産担保ローンは、低金利で長期返済を行うのが一般的です。
不動産担保ローンを設定する場合、長期的なローンを組む人が多いです。
金融機関側もその点を見越して融資条件を設定していますので、途中で一括返済を行うと業者側の利益にも変動が生じます。
そのため不動産担保ローンを一括返済する際、利益の減少を防ぐために違約金などを設定している業者も少なくありません。
業者によって違約金の額は変わりますが、いずれにしても利用者側の大きな負担になります。
そのため不動産担保ローンを契約する場合、契約内容をしっかりとチェックしてください。

不動産担保ローンはとても便利な融資制度ですが、支払い不能に陥ると不動産を売却されます。
また業者によってサービス内容が異なりますので、契約する際は十分注意してください。

関連する記事