不動産担保ローンのデメリット

低金利、かつ高額融資を期待できる不動産担保ローン、メリットが多いローンとして知られています。
そのため利用する人も少なくありませんが、ローンにはデメリットもありますので注意が必要です。
ここでは、不動産担保ローンのデメリットを紹介します。

違約金

不動産担保ローンは低金利が魅力の商品ですので、利用する方も多いです。
しかし低金利であるゆえに、反対にデメリットを生じることもあります。
不動産担保ローンは低金利がメリットの一つになっていますが、決して低金利は良いことばかりではありません。
不動産担保ローンは、一般的に返済期間が長くなります。
金融機関側もその点を見越して低金利に設定していますので、途中で一括返済されると金融機関側が不利益を被ることもあります。
そのため金融機関の中には、一括返済の際に高額な違約金を請求するところもあるようです。
利用者の中で将来一括返済の予定がある方は、契約時に違約金の有無などについても確認しておくといいでしょう。

追加担保

不動産担保ローンには追加担保があります。
承知のように、不動産担保ローンは不動産を担保に供します。
そのため担保である不動産の価値が下がると、追加で担保を供する、いわゆる追加担保を求められます。
他の不動産を保有していれば問題ありませんが、不動産がない方は注意する必要があります。
不動産担保ローンで供する不動産は、価値変動があることを常に認識しておくことが大切です。

まとまったお金が必要な時、不動産担保ローンはとても便利です。
低金利で高額な融資をしてもらえますので、利用する人も少なくありません。
このように不動産担保ローンにはメリットが多いように見えますが、デメリットもありますので気をつけてください。

関連する記事