新着情報

◆2016/12/02
契約前の注意点を新規投稿しました。
◆2016/12/01
余裕を持った申込みをを新規投稿しました。
◆2016/11/30
不動産担保ローンのメリットを新規投稿しました。
◆2016/11/29
不動産担保ローンのデメリットを新規投稿しました。
◆2016/11/28
不動産担保ローンは複数の業者に相談してみようの情報を更新しました。

不動産担保ローンは複数の業者に相談してみよう

greraお金を借りる方法も様々ですが、不動産担保ローンもその中の一つです。
カードローンと比べて融資額も増えますが、その分手続きも複雑になります。
金融機関によって提供サービス、手続きの方法も異なりますので、不明な点は金融機関に問い合わせてみるといいでしょう。
ここでは不動産担保ローンを紹介します。

不動産担保ローンについて

お金を借りる方法として、多くの方たちがイメージするのがカードローンではないでしょうか。
一般的なカードローンは特に担保を求められることはありませんが、貸出限度額に制限があります。
通常でも300万円、また多いケースでも500万円程度です。
一般的なカードローンは、個人的に使用する生活資金としては十分な額です。
しかし新規事業、事業拡張などの事業資金になると、たとえ500万円でも足りないケースが出てきます。
そのため、事業資金などに対応した融資制度が求められます。
金融機関では様々な融資制度を用意していますが、その中には上記の事業に対応したサービスもあります。
その一つが不動産担保ローンです。
不動産担保ローンは、主として法人、個人事業者向けのローンを言います。
不動産を担保に融資を行いますので、その分大きな額の融資も可能です。
新規事業、事業拡張となると、規模にもよりますが多額の資金が必要になる場合もあります。
そのような時、事業資金として多額の資金を融資してくれる制度があれば助かります。

貸出限度額について

不動産担保ローンの利用を考えている方の中には、貸出限度額を気にしている人も少なくありません。
いったいどれくらいの額を融資してもらえるのか、利用者にとっては大きな問題です。
不動産担保ローンは担保を取る融資ですので、総量規制の対象外とされています。
一般的なカードローンは総量規制が適用されますので、個人の年収が大きく影響します。
これに対して不動産担保ローンは総量規制が適用されませんので、個人の年収は関係ありません。
担保に供する不動産の評価によって、実際に借入できる額が決まります。
そのため貸出限度額については、金融機関、不動産の評価によって変わります。
金融機関の中には、貸出限度額が高めに設定されています。
1000万円、2000万円などのところもあります。
このように、無担保であるカードローンとは比べものにならないほどの額を融資してもらえます。
しかし毎月の返済もありますので、借りる際はしっかりとした返済計画が求められます。

金利、返済方法について

thsrhts不動産担保ローンの金利は、現在7%〜12%程度であり、返済方法については、一括返済、分割返済どちらも対応してもらえます。
長期の分割返済もできますので、事業拡大などを予定している方は、不動産があれば利用を考えてもいいでしょう。
しかし担保に供する不動産の評価も影響してきますので、一度自分の不動産価値をしっかり把握しておいてください。
また支払い不能なると、担保に供した不動産を競売されます。
このように不動産担保ローンは、一つ間違えると土地家屋を金融機関に明け渡すことにもなります。
そのため利用する場合は注意する必要があります。
また金利や支払い回数は各金融機関によって異なりますので、複数の業者に相談してみることをオススメします。

不動産担保ローンは、カードローンと比べて多額のお金を融資してもらえます。
しかし金融機関によって、貸出限度額、金利、支払い回数などが異なりますので、まずは複数の金融機関へ相談してみるといいでしょう。
また不明な点は早めに解決しておいてください。